葉酸サプリの注目すべきポイントとは?

葉酸はなぜサプリで摂るべきなのか?

妊娠を考えている女性には欠かせない栄養素として今話題の葉酸。実は、食品から直接摂るよりもサプリメントで摂取するほうが推奨されている、少しめずらしい栄養素なのです。


葉酸ってどんな栄養素?


そもそも葉酸とはどんな栄養素かというと、ビタミンB群に属する水溶性のビタミンの一種です。ビタミンB複合体のひとつで、ビタミン9、ビタミンMとも呼ばれています。葉酸を多く含む食品としては、ホウレンソウなどの緑黄色野菜や、鶏のレバーなどが有名です。


ホウレンソウの葉から発見された当初は、貧血の予防に重要なはたらきが期待できるとされた栄養素でした。その後の研究で、欧米諸国では妊娠前後の女性が一定の量の葉酸を摂取していると、胎児の先天性異常のひとつである神経管閉鎖障害のリスクが大幅に減少することがわかったのです。そのため、現在では日本の厚生労働省も、妊娠を考えている女性、また妊娠中の女性に葉酸の摂取を推奨するようになりました。


サプリメントから摂るべき理由とは


なぜ食品からではなくサプリメントの形での摂取が勧められているのかというと、まず食品から大量の葉酸を摂るのはかなりむずかしいということがあげられます。


厚生労働省の定めている基準によると、成人における葉酸摂取の推奨量は一日に240μgですが、妊娠中や妊娠の可能性がある女性の推奨量はそのおよそ2倍、480μgとなっています。これをホウレンソウに置き換えると、一日に7束以上も食べなければいけない計算になります。これはやはり、現実的な献立とはいえませんよね。妊娠中、つわりがひどい時期などはさらに食欲も減ってしまうということも考慮すると、食品から必要量の葉酸を摂取することはとてもむずかしいということがわかります。


それにくわえて、葉酸が水溶性ビタミンであることも葉酸サプリが推奨される理由のひとつです。水溶性という言葉のとおり、食品を調理する過程で茹でたりすると、その大半が水に溶けて失われてしまうのです。更に、食品に含まれる天然葉酸はプテロイルポリグルタミン酸という型で、一度消化器官で分解されてから直接からだに作用するプテロイルモノグルタミン酸という型に変わります。葉酸のサプリメントは大半が最初からプテロイルモノグルタミン酸を配合したものになっているので、食品で摂ったときよりからだへ作用するまでの過程がひとつ減っていることになります。そのために、より吸収効率を高めることができるのです。


以上のような理由から、葉酸は天然の食品からの栄養だけでまかなうのではなく、サプリメントで補うことが推奨されています。普段からバランスのいい食事を心がけていれば一般の成人向けの推奨量はクリアできるかもしれませんが、さらに多くの葉酸を摂っておきたい妊娠中の女性にとっては葉酸サプリは必需品ともいえるでしょう。


ABOUT

運営者
葉酸の効果・効能.info
掲載記事の参照元
葉酸サプリ比較研究所 〜妊活から産後まで…女性のためのサプリ情報〜
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。